翻訳会社の翻訳代行サービス。翻訳の依頼なら、世界のほんやく君をご利用ください。全世界の言語を翻訳サービスいたします。

翻訳君のトップページのヘッダー画像です。お申し込みは簡単です。ご自分で見積もりをして原稿を送付するだけで翻訳依頼が可能です。翻訳家の決定から納品まで、最短2時間で可能です。翻訳料金は2100円(税込価格)から可能です。

英語翻訳とは?

英語とは。
英語は、インド・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属し、イギリスイングランド地方を発祥とする言語。世界で最も多くの国で話されている言語である。英語使用国数は80カ国以上。
英語圏は、公用語や準公用語に英語が設定されている、もしくはそこに住む人々の主に話す言語が英語である国・地域の総称。国民や地域住民の過半数が英語を第一言語とする、もしくは英語を話す英語能力を備えていることを必ずしも意味しない。
例えば、ジンバブエでは国民の大半がショナ語もしくは北ンデベレ語を日常会話に用いる。
英語話者の2/3が集中するアメリカ合衆国では憲法の規定としての公用語・準公用語が存在していないが、事実上、英語の占める位置が圧倒的に優勢であるため、英語圏とみなされている。かつてのイギリスの植民地であった英語の地域が、英語を第一言語としている人の数は3億8千万人程度で、英語圏人口第1位の北方中国語(約9億人)と比べかなり少ない。
しかし中国語が主に中国国内および各地の中国人社会だけで通用しているのに対して、英語で意思の疎通ができるあるいは英語を理解できる英語人口を考えると状況は一変し、文句なしに世界最大の使用人口を誇る言語といえる。
英語圏の影響などで英語が国際共通語として使われるようになったこと、商業英語として確立したこと、科学技術を英語で伝達する主要な言語となったこと、さらにパソコンやインターネットの普及で英語を元に作られたプログラミング言語やマークアップ言語の需要が高まったこともあり、英語を第二言語として用いる人口は約6億人に上る。
外国語として英語を学習・使用する人も多い。そのため、世界各国でイギリス方言・アメリカ方言などの英語の枠組みを超えた「新英語」が出現するようになった。英語圏になっている場合が多い。
イギリスの英語事情 イギリスには、「英語容認発音」という伝統的な標準英語発音を用いた標準英語があったが、最近では「河口域英語」が新しい標準語として登場した。
アメリカの英語事情 アメリカ合衆国もイギリスと同様に、国家の公用語に関する法的な文章が存在しない。
ただし州レベルでは英語を公用語とする州や英語とスペイン語を公用語と明文的に定める州もある。初期の頃は西ヨーロッパ系の移民が多く、英語優位の状況が確保されていたが、次第に東欧・南欧系が増え、さらにアジア・中南米からの移民が大量に押し寄せてくると、語の地位が揺るぎかねないといった風潮が英語話者の間で生まれてくる(英語オンリー運動)。
いずれにしても英語が国家の言語(語)として通用しているのは事実で、英語教育の分野においては「バイリンガル英語教育モノリンガル英語教育か」といった趣旨の問題がたびたび持ち出される。 カナダの英語事情 現在オーストラリアで話されている英語は、イギリス英語が訛ったものである。
訛りは比較的強いが、アメリカ英語程変化は激しくなく、オーストラリア映画などは他の英語圏でもイギリス英語を理解できるものなら分かる。
日本における英語 江戸末期にアメリカからの使節と英語で交渉する必要が生じ、日本での英語の歴史が始まった。ジョン万次郎が著した日本最初の英語教本には、英語文の意味を取りやすいよう、漢文のような返り点が打たれていた。
今日、日本における英語は日常生活に必要不可欠なものとはなっていない。
あくまでも科学技術や諸制度の吸収のための手段や通商の道具(商業英語)という位置付けである。 高校・大学受験(受験英語)、各種学校の英語必修・英語選択単位取得においては、英語を読解する能力が重視され、英語文和訳を中心とした英語の授業が行われている。
アメリカ英語を正統、イギリス英語をオプションとして取り扱うケースが一般的であるが、これは世界の英語学習のなかでは特異な例に属する。また、せっかくの英語読解能力も日本語での出版活動が盛んであること、多くの英語の書籍が日本語へ翻訳されることから日常生活ではあまり役立たない。
一方、日本では英語を話す能力、英語を聞く能力を特殊技能と見なす傾向が認められる。日本ではイギリスの植民地であった国々とは違って、大学の講義が英語ではなく母語(日本語)で受けることができること(母国語で講義を受けることのできない国の方が多い)、英語を母語とする外国人が 1% も国内に居住していないなどの複合的な要素によって、日本国内では英語会話の必要性が乏しいためである。
方言 インド英語 、シンプル英語 、ベーシック英語 、黒人英語、南部アメリカ英語 英語辞書 オックスフォード英語辞典、 和製英語、個別言語学、国際英語論 、英語問題 、英語崇拝 英語帝国主義 、英語検定 、英語会話 - 英語会話教室 、英語史、英語の音韻史、、etc

ご注意事項。

翻訳言語により翻訳スタッフの手配が出来ない場合がございます。

訳スタッフの確保には最大の努力をしておりますが、特殊な翻訳言語の場合ご希望に添えない場合が発生します。あくまでも最高品質の翻訳を目指しておりますので、何卒ご了承くださいませ。

翻訳サポート

翻訳に関するさまざまなお問い合わせは、SUBメニューのお問い合わせからお願い致します また、お電話でも承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。

受付は平日の10時〜夜11時まで。千葉集中コールセンターまでお願い致します。

お電話でのお問い合わせは、翻訳君・千葉集中コールセンターまでお願いいたします。電話は048-755-9632です。

>>翻訳のご依頼に関するお問い合わせはフォームからどうぞ

●●●資料・文献翻訳情報提供先 : 翻訳会社の検索サイト●●●

ここはサブメニューです。翻訳を依頼される方はぜひお読みください。

※ポップアップブロックを有効にしている場合上記のSUB-MENUやフラッシュが表示されない場合があります。メニューバーの「ツー ル」〜「ポップアップブロック〜」で無効に設 定して頂くとご覧になれます。

障害者の方へのお知らせです。お客様の声も掲載しています。

※翻訳者募集中です

弊社では、優秀な翻訳家を随時募集しています。

※相互リンク募集中です!

翻訳サイトの相互リンクを募集しています。

相互リンク集